健常者(正常な老化)と認知症の人の中間の段階(グレーゾーン)としての症状に、MCI(Mild Cognitive Impairment:軽度認知障害)があることがわかってきました。軽度認知障害(MCI)とは、認知機能(記憶、決定、理由づけ、実行など)のうち1つの機能に問題が生じてはいますが、日常生活には支障がない(自立した)状態を指します。

1.記憶障害の訴えが本人または家族から認められている

2.日常生活動作は正常
3.全般的認知機能は正常
4.年齢や教育レベルの影響のみでは説明できない記憶障害が存在する
5.認知症ではない

軽度認知障害(MCI)の原因となる原疾患を放置すると、認知機能の低下が続き、4年間48%が認知症を発症してしまうと言われています。

厚生労働省は、認知症とその予備軍とされる軽度認知障害(MCI)人口は862万人存在すると発表しており、これは65歳以上人口の4人に1人に該当します。認知症や軽度認知障害(MCI)はとても身近な症状だと言えます。

現時点では認知症は、不可逆な疾患だと言われています。(治療や投薬によって、進行を遅らせることはできても、一部の場合を除き※完治することができない疾患)

そのため、軽度認知障害(MCI)の段階で認知機能の低下を発見し、予防対策を行うことで症状の進行を遅らせる、或は症状を進行させないようにすることは、とても重要なことです。

※脳腫瘍・慢性硬膜下血腫・正常圧水頭症・脳血管障害等の外科的治療の対象となる疾患や、脳症や、薬の副作用によるせん妄状態などは治療可能なものもあります。

こうした予防を適切に行うことで、軽度認知障害(MCI)になったとしても、認知症にならずに健康寿命をまっとうできることがあります。症状が進行してからではなく、軽度認知障害(MCI)の状態だからこそ、予防が有効になると言われているため、自身の健康管理のためだけではなく、ご家族や大切な人のためにも、定期的なチェック(半年に一度程度)をしましょう。

軽度認知障害(MCI)と診断されたら、必ず認知症になるといったことはありません。認知機能の低下に対する適切な予防・対策を行うことで、認知症を発症せずに健康寿命をまっとうできることもあります。もちろん、初期の認知症症状が出ている場合などは、専門医の判断によって治療や投薬を行うこともありますが、それだけはなく生活習慣を改善するなどし、認知症にならないよう、進行しにくいように生活していくことも大切です。生活習慣の改善には、以下のようなことが重要だと言われています。

1.食習慣を見直す
2.適度な運動をする
3.いろいろな人とコミュニケーションをとる

加齢 脳卒中 過度のエストロゲン・テストステロン欠乏
糖尿病をはじめとする生活習慣病 心疾患 アルコール 薬物依存
脂質異常症 高コレステロール ビタミンB12欠乏
高血圧 頭部外傷 喫煙歴
ストレス 不安 うつ 不健康な食生活
甲状腺機能異常症 正常圧水頭症 社会的孤立
肥満 メタボリックシンドローム 心身エクササイズの欠如    等